時雨の製作日記

UQ HOLDER!/ネギま!/けいおん!中心に『イラスト・実物化・考察・ラテン語の翻訳』をやっている趣味ブログ~♪

UQ HOLDER! 第109話

週刊少年マガジン 2016年 8号のUQ HOLDER! 第109話の感想記事!
更新が遅れましたが…何とか頑張ってます。



チョコ型の自白剤が出たのは、『本編でバレンタインが出来ない』からかな?

本編の時間軸を考えても厳しいですし。



収録の10巻は3月発売で…時期がズレますし(;´д`)
可能だとすれば2月辺りに、扉絵でバレンタイン絵がありそうな気がするけどw


↓こちらの記事も更新しています!


※内容にはネタバレを含むため注意してくださいね。



Stage.109 素直は危険




■俺が先輩を好きって話


反省と薬が抜けるまで、夏凜と共に6時間…雪姫の『牢獄魔法空間』へと隔離される事になった刀太…
一番避けたいはずの刀太と閉じ込められる状況に、動揺を見せる夏凜。




『雪姫様の魔法薬の効果は絶対…!』的なもので、いずれ何もかも話さずにはいられなくなるはずなのだとか。

自ら告白してしまうのでは無いかと、屈辱的な事態を想像してしまう夏凜だが(>_<)
でも刀太が嫌いだから、そんな事は起こり得ないと!



それでも自分自身、気づかないうちに心の底で好意を抱いている可能性を考えます。



2016020219404189f.jpg



『まあ 悪い人間ではないのは承知している むしろ行動だけ追えば比較的好ましい…』

「いや! 好きじゃないから」と、自分へのツッコミ(声にだしてる)w


本人も気づかない本音なのかと考えつつ、否定しきれなくて自分に苛立ちだす夏凜。
薬のせいだと思ってるから余計…認める訳にはいかないのだろう。





陽気に語りかけ、〝夏凜を好きになった理由〟を並べていく刀太(^-^)/
美人で凛々しい、頼りになるから背中を預けられる等!

「あと 先輩って子供好きだろ 普段 笑わねーのにスラムで笑ってた」

「あれって先輩の素だろ? あれ見てから好き」

細かい所まで見ていたのだと知って、少し気持ちが緩んだ夏凜…



20160202194042d03.jpg



それから更に、「おっぱいがでかい」と好きなポイントを挙げた刀太(´∀`)
素直な気持ちだからアレだけど、もう雰囲気台無しですよ…(っ`д´)っ





気持ちを口に出しかけた所で我に返り、慌てて逃げ出す夏凜!

『こんな男に 少しでも好意があるなどと バレるのは私の誇りが許さない!』

話し続けるのは危険と判断し、時間いっぱいまで…逃げ続けるのが得策だと考えた(^^)d




幻想空間なためか、自分の意志で衣装チェンジ&武装~♪


時間いっぱい殴り合い続ける事で、夏凜は時間を減らす事にしたようですね。

いくら殴り合っていても会話によっては、本音が出てしまうのでは?
バトル中も刀太は、好きな部分を言ってますし(--;)





■薄っぺらなところが嫌いなの!


バトル開始から3時間40分後…刀太の強さに押され壁へ追い詰められた。
一撃により、夏凜の衣服を脱がし~そのまま壁ドン…Σ(゚д゚)


「あ いや悪ぃ こうしないと止まらないだろ 先輩」

意図的に脱がしたようだが、迷わずこの方法を試すとか迷惑な奴…
女性を脱がしてしまう所も、祖父譲り(*´ω`*)





「世界が素晴らしいだと? それはお前が何も知らないからだ」

「全ての子供を…世界を救うだと? できるわけがなかろう!」

薄っぺらな言葉を述べる刀太の能天気さに、夏凜は怒りをぶつけ無理な事だと否定!



過去の話を語り始める夏凜…遥か昔、『雪姫以上に心酔していた師がいた』との事。

偉大な人であったが結果として自分は裏切り、彼は死に自分も自ら首をくくった…(゚д゚lll)
だが死ななかった…神を裏切った神罰であるからか。



20160202194520393.jpg



〝不老不死〟は、神に見放された者達がのた打ち回って朽ち果てていく様を、この世の終わりまで眺め続けろというこの世の終わりまで眺め続けろという「神の呪い」にしか思えなかったのだと。





『死』を選んだが死ねなかった恐怖に怯え…今も死ねない身体がトラウマになってるって事か?

その同じ不死身の身体を持つ境遇から、今度は雪姫に心酔するに至った訳だね( ̄▽ ̄;)

心酔していた師の正体は、昔の〝造物主〟かも知れない!
色々な人物に憑依して、生き延びていたと考えられますよね?





■そうそう夏凜 薬の件だがな


本音で喋ってくれた夏凜の言葉がキツくても…やっぱり好きだと言う刀太。

刀太が夏凜を好きなのは夏凜が歩いてきた道が『雪姫と同じ道だった』からで、夏凜が雪姫を好きなのも同じ理由だと感じたから!


「俺達の不死身は呪いなんかじゃねぇ これが罰のつもりなら それは その神とかいう野郎の失敗だぜ」

「こいつは大きなアドバンテージだ」




呪いを理由に諦めようとしている夏凜に対し、不死身を受け入れて前向きな刀太。



「キリヱや三太をあんな目にあわせたのが そいつの仕業だってんなら 俺は許さねぇ」

「俺が俺の永遠をかけて そいつに届き この手でぶん殴ってやる」

「先輩に呪いをかけたって野郎をよ 見返してやろうぜ 俺達の永遠で!」



201602021945238ec.jpg



刀太の言葉が何の根拠も実績も無い、ただの空手形で騙されるなと自分に言い聞かせつつ…
遠からず、現実の壁にぶつかり挫折するだろうと予想。


でも…このひたむきさは、あの方とも雪姫様とも同じだと。
何だか、意識し始めてしまった様子の夏凜。


薬の力とは言え、本心をさらけ出すのはダメだと…本音を言わない様に耐えるのだが。


『ああっでもダメ…もう…ッ 本音を言ってしまう…ッ』

『言っちゃうぅぅう―――――――――ッ』



201602021953133d1.jpg



何を言っちゃうの?…冒頭の奴かな(^q^)
〝漏るです〟みたいな感じに…でも感情が漏れそうになってるのか( ̄ー ̄)





本音を言い出す寸前でタイムアップとなり、『牢獄魔法』から解放された2人。


自白剤入りは〝箱の中の奴だけ〟であり、夏凜は食べて無かったと判明www
刀太だけが箱の中からつまみ食いして、3箇所が空いてますね!

放置するにしても…何、紛らわしい事をしてくれてんだか(・・;)




この数時間、悩んでいた事は薬と無関係だと知って、大混乱の夏凜(+o+)
今更、必死に否定しても色々と遅い気もするけど。


幻想空間だから簡単に変身が出来るのに、刀太が学ランを貸す必要あったのか?



■最後に


叙述トリック』をやるためだったのかもですが。


ラストPageで描かれてるのに、冒頭の箱の中には『チョコカップ』が無いので…コミックで加筆修正ですね!
チョコやカップの位置に矛盾が出てるから、UQ 108話も修正するべきだろう(^_^;)




夏凜の過去については『背中の刺青の考察』と一緒に、まとめて書きたいと思います。
ある程度は今、書き溜めている途中なので。







にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村 外国語ブログ ラテン語へ


現在参加しております♪ 押して頂けると励みになります。
関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村 外国語ブログ ラテン語へ


現在参加しております♪ 押して頂けると励みになります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ブログランキング

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村 外国語ブログ ラテン語へ




ブログランキング参加中です♪
押して頂けると励みになります。


プロフィール

時雨 湊

Author:時雨 湊
ネギま!の仮契約カードを個人的に
作ったりしてるヘタレ絵師です。

『実物化やラテン語&ギリシア語の翻訳』がメイン!



各種SNS



mixi(ミクシィ)やってます!



【Twitter ID】

時雨 湊(@minato490_MI)



ブロとも申請なども気軽にどうぞ~♪



好きな漫画&アニメ


◆魔法先生ネギま!/ラブひな
◆UQ HOLDER!
◆エア・ギア/天上天下
◆DEATH NOTE
◆エム×ゼロ
◆GANTZ
◆スパイラル/スパイラルアライヴ
◆みなみけ
◆セキレイ
◆すもももももも
◆地獄少女
◆コードギアス
◆ソウルイーター/ソウルイーターノット!
◆BLEACH
◆とらドラ
◆涼宮ハルヒの憂鬱
◆鋼殻のレギオス
◆けいおん!/けいおん!!
◆化物語(物語シリーズ)
◆テガミバチ
◆君に届け
◆WORKING!!
◆学園黙示録 H.O.T.D
◆聖痕のクェイサー
◆バクマン。
◆ONEPIECE
◆進撃の巨人
◆中二病でも恋がしたい!
◆マギ
◆Free!
◆ジョジョの奇妙な冒険
◆ラブライブ!/ラブライブ!サンシャイン!!
◆東京喰種トーキョーグール
◆シドニアの騎士
◆クロスアンジュ
◆響け! ユーフォニアム
◆デュラララ!!
◆のんのんびより
◆干物妹!うまるちゃん
◆監獄学園 -プリズンスクール-




開設日:2008年2月15日

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ